ネイリストHOMEへ > ネイリストの活躍場所

ネイリストはどのような場所で働くの?

女性

なんといっても一番スタンダードなのはネイルサロンでしょう。  一番間口も広く、ネイルを仕事にしようとする方が真っ先に思いつくのがネイルサロンで仕事に就くことでしょう。ネイルスクールでは卒業生の就職斡旋を行っているところや、個人での開業を後押ししてくれるところもあります。

 

ネイルサロンにも自宅の一室をサロンとしている小さなお店から何店舗も展開している大手まで様々です。

また、お店によりサービス内容や雰囲気が大きく異なり、高級志向だったり早くて安いを売りにしていたり、ゴシックデザインが得意だったりハワイアンやアジアンな雰囲気だったりします。一度お客さんとしてうかがってみて、気に入った雰囲気の所を選ぶのも良いでしょう。

経験を積んでから?ネイルスクール講師

女性

ネイルスクールの講師として将来のネイリストを育むことも出来ます。

研修制度のあるお店で新人に講習するという道もありますが、講師として本格的に働きたいなら認定講師の資格やメーカーが出しているディプロマのエデュケーターライセンスを持っていることで間口が広くなります。

サロンによってはスクールを経営しているところもありますので調べてみるといいでしょう。資格を取ってすぐに講師として働くというのは難しいと思いますが、講師アシスタントとしてならサロンワーク経験や資格を不問としている場合もありますので、最初はアシスタントとして働くかサロンで経験を積んでから講師として働くことになると思います。

フリーで働くネイリスト

教える女性

フリーでの働き方は多種多様です。フリーと聞くと独立してお店を持つと考えがちですが、その他にもいろいろな働き方があります。

ブライダル関係やイベント企画がある時に出張する出張専門の方や写真や動画の撮影に同行する方、レンタルサロンを利用する方、複数のネイルサロンやヘアサロンなどと契約して臨時に働く方など様々。好きなように自分流の働き方、サービスの仕方が出来るのがメリットだと言えます。

ただし、デメリットは収入が安定しないという事。知名度が上がり評価も得ていけば充分な収入を見込めるでしょうが、初めの内は赤字続きなのも覚悟しておかなければいけません。

管理人おすすめのネイリスト通信講座はこれだ!

たのまなのロゴ

管理人が最もおすすめするネイリスト通信講座は「たのまな」です。

たのまなでは目指す資格、スキルに応じた11種類という豊富なコースで知識や技術をしっかり習得。おうちサロン開業サポートで、あなたの夢を叶えます。

迷ってる方は資料請求をして詳しく調べてみてはいかがでしょうか?たのまなの資料請求は無料ですし、実際に資料が届くと勉強を開始するきっかけになるかもしれません。

たのまなの無料資料請求はこちら