ネイリストHOMEへ > ネイルアーティストの仕事

ネイリストの実際の仕事

女性

ネイリストの実際の仕事はネイルを綺麗に装飾するのはもちろんのこと、一人一人異なるネイルの状態を見極めケアするだけでなく手足のケアもネイルアーティストの仕事に含まれます。

その他にも道具の洗浄や整理、お店の開閉準備など様々な雑用もこなし、さらに、日々変化するデザインの流行なども把握しておかなければいけません。

しかし、ケアするのはネイルや手足だけではありません。一番大切なのはお客様との対話でしょう。心のケアも大切な仕事です。施術中は長い時間をお客様と一対一で過ごすことになります。ゆったりと静かに過ごしたい方、この時間におしゃべりしてストレスを発散したい方、それは様々です。お客様一人一人に合った接客を心掛けることがリピートに繋がります。

ネイルアーティストとして独立も可能?

いつかは自分の店を、と考えている方も多いことでしょう。もちろんそれは可能です。

ネイルアーティストには、独立して自分のサロンを開いている方がたくさんいらっしゃいます。自宅の一室やアパートを借りて開業している方も多く、必須な資格もないため、比較的独立しやすいと言えるでしょう。

ネイルスクール運営

教える女性

ネイルサロンの開業だけでなく、ネイルスクールの運営を行っている方もいます。個人で行う場合、サロンとスクールの両方を掛け持ちすることが多いです。

スクールの曜日や時間を決めずに都合のいい時に通ってもらうマンツーマンの個人レッスンを受け付けているお店もありますし、一日だけ一時間から二時間ほどの簡単レッスンを受けられる所や、はたまた出張スクールなんて行っている方もいらっしゃいます。

資格はあったほうがよいか

パソコンを見る女性

ネイルアーティストとして働きたいのであれば資格はあった方が良いです。未経験からの募集もゼロという事はありませんが、資格保持者やそれと同等のスキル保持者、サロンワーク経験者を優遇する所がほとんどです。

給与にも大きく関わってきますので、ネイルを仕事にしたいとお考えならば資格は持っていて損はないでしょう。アルバイトの募集でさえも資格保持者でなければ採用しないというお店もあるほどです。

都市部であればアシスタントとしてサロンで働きながら資格取得を応援してくれるというお店もありますが、地方になるとネイルアーティストの求人自体が見つからないなんてこともありますので、全くのゼロからスタートすることはとても厳しいでしょう。

管理人おすすめのネイリスト通信講座はこれだ!

たのまなのロゴ

管理人が最もおすすめするネイリスト通信講座は「たのまな」です。

たのまなでは目指す資格、スキルに応じた11種類という豊富なコースで知識や技術をしっかり習得。おうちサロン開業サポートで、あなたの夢を叶えます。

迷ってる方は資料請求をして詳しく調べてみてはいかがでしょうか?たのまなの資料請求は無料ですし、実際に資料が届くと勉強を開始するきっかけになるかもしれません。

たのまなの無料資料請求はこちら