ネイリストHOMEへ > ネイリストになるには

ネイルアーティストになるには

講師女性

いろいろな資格の取り方がある

ネイリストになるための資格の学び方はスクールに通う、通信講座を受ける、独学で習得する、の主に三種類あります。

確実に資格と技術が欲しい方におすすめなのはスクールに通う事です。実際に講師から直接指導していただけますし、間違ったやり方や嫌な癖を即座に直すことも可能です。生徒同士で施術しあう事で、一人ずつ違う爪の状態を見極める力、爪に合ったケアの仕方なども覚えられます。

次に通信講座ですが、スクールに通うよりも費用を低くおさえられ、自分の都合に合わせて学ぶことが出来ます。初心者用のネイル道具が一式付いている講座だけでなく、検定に対応した講座もあります。テキストだけでなくDVDも付いている場合が多いです。文章や写真だけでは手の動かし方が良く分からないこともありますが、動画でも見られるので安心です。

スクールに通わず通信講座も受けないという方は独学で頑張りましょう。検定用のテキストやDVDを見ながら勉強するのが良いでしょう。検定公式のものも出ていて、全国のネイルディーラーやネイルショップから購入できます。とにかく安く済ませたい方はオークション等で探してみてください。テキストのみならず、講座のDVDやネイル道具も出品されていることがあります。

資格を持たずにネイルサロン開業?

ネイルサロンを開業するために資格は必要ありませんので、それも不可能ではありません。資格を持たずに働いているネイリストもいらっしゃいます。しかし、中には基本的な知識さえ持ち合わせていないネイリストも少なからず存在しており、お客様とのトラブルに繋がっているのも事実です。

爪に合わないケアを施したり衛生管理が不十分で感染症を広げてしまったり、アレルギーによる炎症を引き起こしてしまったり……。このような健康被害の報告が増えてきたことにより、2010年、厚生労働省より「ネイルサロンにおける衛生管理に関する指針」が発表されました。資格を取らずネイルサロンを開業するのであれば、一読しておく必要があるでしょう。

資格を持たずに成功するのは、充分な知識と技術を持っていればこそだと言えます。

ネイルスクール運営という道も

教える女性

ネイルの資格を取ったからといって皆一様にネイルサロンでしか働けないわけではなく、ネイルスクールを運営するという手立てもあるのです。

ネイルの資格に加え認定講師の資格を持っていれば、さらにお客様からの信頼を得られるでしょう。一言にネイルスクールといってもマンツーマンでの個人レッスン、少人数・大人数での合同レッスン、出張レッスンなど、様々な形態が見受けられます。もちろん資格を持たなくてもネイルスクールの開業は出来ますし講師にもなれます。

ネイルスクールですので生徒さんに教えられるだけの知識と技術は必要ですが、教え方に気を配るのも重要です。抽象的な表現を多用しないか、知識のない人が聞いても分かりやすい説明が出来ているか、確認してみましょう。

資格取得が一番のきっかけに

女性

ネイリストになりたいなら、資格取得が大きな一歩になることでしょう。

ネイルサロンの求人を見ても資格所持者が優遇されていますし、全くのネイル未経験から採用されるはごく少数で、経験があっても給与が低くなることがあります。検定試験の内容は爪の基本的なことから器具の扱い方、カラーリング、ポリッシュオフ、アートなどネイルに関する事柄全体が入っていますので、ネイリストに要求される知識、技術を資格と同時に得ることが出来ます。

何よりも資格を取らなければネイリストになりたいと思ってるだけで実際は何もしてないという場合が多いからです。

資格を実際にとったら、それを活かすためにどうするか考えるようになりますし、活かさないともったいないという思いも湧いてきます。

管理人おすすめのネイリスト通信講座はこれだ!

たのまなのロゴ

管理人が最もおすすめするネイリスト通信講座は「たのまな」です。

たのまなでは目指す資格、スキルに応じた11種類という豊富なコースで知識や技術をしっかり習得。おうちサロン開業サポートで、あなたの夢を叶えます。

迷ってる方は資料請求をして詳しく調べてみてはいかがでしょうか?たのまなの資料請求は無料ですし、実際に資料が届くと勉強を開始するきっかけになるかもしれません。

たのまなの無料資料請求はこちら