ネイリストHOMEへ > ネイルの種類

いろいろなネイルの種類

女性

ジェルネイルを調べると様々な名称が出て来てきて、結局どんな種類があるのか分からなくなってしまう方も多いのではないでしょうか。

ジェルネイルは、ハードジェルとソフトジェルという特性の異なる二つの種類に分類されます。主流になっているのはソフトジェルですが、二種類それぞれにメリットデメリットがあります。

ハードジェルネイルとソフトジェルネイル

ハードジェルは名前の通り、仕上がりが硬くしっかりしたものになりますので、爪の長さを出したい時や重いストーンなどを装飾する時に使われます。さらに透明感がソフトジェルよりもあり、装着感が軽いです。硬度があるため艶が長持ちしますが、衝撃が加わると欠けてしまう事があります。

また、きちんとしたサンディングと下地となるプライマーが必要で、さらにリムーバーなどで落とすことが出来ないため、削り落とすしかありません。オフする時にはとても手間がかかり、削り過ぎて爪が薄くなってしまう場合もあります。

ソフトジェルは、柔軟性があり爪の動きにフィットしやすく、ハードジェルに必要な下地がいらず、サンディングが不要なメーカーもあります。ハードジェルに比べ、爪に優しく、水や空気を通すためカビが生えにくいです。リムーバーなどの溶剤で落とすことが可能ですので簡単にオフすることが出来ます。

しかし、軟らかいためハードジェルほど爪の長さを出せず、爪の動きで歪んでしまったり剥げてしまったりすることがあります。

扱いやすいのはソフトジェルで初心者にもお勧めできますが、豪華な装飾や長さを生かしたアートをしたい場合はハードがお勧めです。メーカーによって相性がありますが二種類を併用することも可能です。

カルジェル・バイオジェルとは

カルジェルバイオジェル

ジェルネイルの種類と思われがちなカルジェルとバイオジェルですが、これはカルブロック社とバイオスカルプチュアジェル社が製造したソフトジェルネイルのことです。共に世界的な知名度を誇るメーカーです。

カルジェルの場合、軽いつけ心地で柔軟性があるので折れにくく、3Dアートも可能です。下地のプライマーは必要なく、サンディングは最小限に抑えられます。透過性が良いのでカビが生えにくいのも特徴です。

70種以上の豊富なカラーから選べ、カルジェル用のリムーバー「カルリムーブ」で簡単にオフ出来ます。ただし、柔軟性があるために長さを出すスカルプチュアには向いていません。さらにカルジェルは徐々に艶がなくなってきますので、約一週間でトップコートの塗り直しをしなくてはいけません。購入の際にはカルジェルトレーニングという講習を受ける必要があり、簡単に購入出来ないのも難点です。

 

バイオジェルの場合、柔軟性はありますが、カルジェルよりも硬度があるため爪の長さを出すことができ、弱い爪を保護するのにも適しています。クリア系ジェルの種類が豊富で、硬度のあるセミハードジェルやフリーエッジの形成が出来るものなど、クリア系だけでも5種類あります。

カルジェル同様、透過性がありカビの発生が抑えられ、プライマーやサンディングはほとんど必要ないため爪に優しいですが、自爪への定着力が高くリフトし難いのが特徴です。仕上げのトップコートがなくても1ヶ月ほど持ちますから、ホームメンテナンスの必要がありません。ただし、カルジェルに比べオフに時間と手間がかかります。時間が経つと硬くなってしまう性質のため、爪が柔らかい方は長持ちしない場合があり、一週間で剥がれてしまったという方もいます。

ジェルネイルメーカーは他にもたくさんあります。メーカーによって製品の特性も異なり、価格も様々です。ご自身に合ったネイルを選びましょう。

ネイルチップ

ソフトとハード  

ネイルチップは簡単に付け外しできる付け爪のことです。何も装飾が施されていない無地のものと、アートが施されたものがあります。無地のものはネイルアートの練習に最適です。ドラッグストアや100均でも販売しており、ネイルチップ専門の通販サイトもあるくらいです。

スカルプチュア

スカルプチュア

人工爪の一種で、自爪にアクリル樹脂やジェルを盛ることで爪に長さを持たせることを言います。ジェルでやる場合、ソフトジェルだとあまり長さは出せません。自爪の3分の1か2分の1程度です。アクリルでしたら充分な硬度と強度があるため長く出来ますし、持ちも良いですがオフするのに手間がかかります。

フラットアート

フラットアートネイル

ネイルアートの一種で平面的なアートのことを言います。基本的なネイルデザインを含め、絵画のような緻密なデザインからコミカルなキャラクターを描いたもので、一般的にネイルアートというと、このフラットアートが思い浮かばれるのではないでしょうか。

フラットアートはアクリル絵の具を用いたネイルと限定され、エアブラシやジェルを用いたものは別物に分類されることもあります。しかし、多少のラメやストーンが付いたくらいのもの、アクリル絵の具以外を用いたものでもフラットアートとされる場合が多いです。

3D・エンボスアート

3Dネイル

ネイルアートの一種でフラットアートが平面なアートなのに対して3Dとエンボスは立体的なアートです。よく同じものとして勘違いされる二種類ですが、大きな違いがあります。3Dとエンボスの違いは、3Dはペーパーパレットなど別の場所で作ったものを爪の上に乗せるのに対して、エンボスは爪の上で形成していくというところです。

見た目の違いもはっきりとしており、3Dの方がリアルな立体感を出すことができますが、エンボスはプクプクシールのような見た目です。限りなく豪華に出来るのは3Dですが、日常でも使えて長持ちするのはエンボスの方になります。

管理人おすすめのネイリスト通信講座はこれだ!

たのまなのロゴ

管理人が最もおすすめするネイリスト通信講座は「たのまな」です。

たのまなでは目指す資格、スキルに応じた11種類という豊富なコースで知識や技術をしっかり習得。おうちサロン開業サポートで、あなたの夢を叶えます。

迷ってる方は資料請求をして詳しく調べてみてはいかがでしょうか?たのまなの資料請求は無料ですし、実際に資料が届くと勉強を開始するきっかけになるかもしれません。

たのまなの無料資料請求はこちら